証拠金取引とは

FXは、売買代金の差額だけをやりとりして決済します。これが証拠金取引のゆえんです。証拠金とは、あらかじめ取引会社に預けておく担保金、保証金のようなものです。

レバレッジ

証拠金の金額は、取引会社によって異なります。たとえば、1ドル100円で1万ドル買うと、総取引額は100万円です。この場合、サイバーエージェントの50倍コースを使うと、必要になる証拠金は、2万円になります。

このように、小さな資金でおおきな取引をすることを”レバレッジを効かせる”といい、証拠金取引(FX)の最大の魅力です。

レバレッジ効果をもう少し

レバレッジとは、「てこの原理」のことです。外貨預金で考えてみると、預金するには実際に買い付ける金額のお金が必要になりますが、FXでは、預けたお金の数倍~数百倍もの外貨を買い付けることが可能です。

レバレッジの大きさは、FX業者によって異なり、10倍~400倍までの広い範囲で設定が可能ですが、あまりにも大きく設定してしまうと、わずかな値動きで証拠金が吹っ飛んでしまうため、レバレッジを何倍にするかという検討はかなり重要です。

毎日スワップ金利が発生

FXにはスワップ金利による収益チャンスがあります。ポジションを保有している期間、取引通貨の金利差であるスワップ金利が毎日発生します。日本のように低金利の通貨で決済する場合、スワップ金利の受け取りに関して言えば、非常に有利だといえます。

FXにおいてスワップ金利は、ポジションを持ち越すことによって発生します。つまり原則、狭建てたポジションを、明日決済すると、1日分のスワップ金利が発生します。しかも、スワップ金利は、レバレッジを効かせた取引数量に応じて発生します。

このように、FXは為替差益を狙えるだけではなく、スワップ金利で利益を狙っていくことも可能です。

スワップの支払いに注意

注しなければならないのが、買った通貨より売った通過の方が高金利だった場合には、スワップ金利は支払いになる点です。高金利通貨を売る場合には、こうしたことも念頭に置いておきましょう。

お薦めのFX業者

サイバーエージェント【外貨ex】
手数料 通貨ペア レバレッジ 信託保全
0円 10種類 200倍 三井住友銀行

取引単位が1000通貨単位で取引できる数少ないFX会社。少ない資金でも始められるのでFX初心者にも人気があります。為替セミナーなど、顧客に対するフォローアップも充実しています。