外貨商品の人気No.1

外貨商品の中でも、外貨預金と並んで根強い人気を集めているのが『外貨MMF』
円建てMMFと区別する意味で、外貨建てMMFとも呼ばれています。

外貨MMFで取り扱われている通貨は、米ドル、ユーロ、オーストラリアドル(豪ドル)、ニュージーランドドル(NZドル)など幅広く、一部の銀行や証券会社で手軽に買うことができます。

人気の理由はここにある!

外貨MMFは、高格付けの債権やコマーシャル・ペーパー、期間1年未満の短期金融商品を中心に、安全性の高い運用を目指しています。また、定期預金並みの少額から手軽にはじめられるのも魅力です。

定期預金と違って外貨MMFでは、運用成績を元に毎日分配金が計算されます。これらの分配金は、毎月末にまとめて再投資されるため、効率的に運用ができるというメリットもあります。

外貨MMFの魅力

安全性が高い 外貨ベースで元本割れしたことはない。資産も分別保管されている。
少額から始められる 米ドル建ての場合、10ドル以上、1セント単位で預け入れ可能。 >>> 1000通貨単位のFX
外貨預金より高利回り 外貨普通預金、外貨定期預金と比べると、利回りが高い。
為替手数料が安い 為替手数料は、外貨預金の半額程度。解約手数料もかからない。
換金性が高い 預入の翌営業日から解約できるので、機動力がある。
複利効果が得られる 毎日分配があり、分配は毎月末にまとめて再投資される。

外貨預金と何が違うの?

外貨MMFの場合、外貨定期預金のように満期が決められているわけではないので、預入の翌営業日から自由に引き出すことができます。解約手数料もかかりません。それでいて、外貨預金よりも利回りが良いのも嬉しいところ。

短期で為替差益を狙いたい人には便利な商品といえるでしょう。