じっくり長期投資が基本

投資信託とは、多くの人から資金を集め、国内外の株式や債券、不動産(REIT)、商品(コモディティ)などに投資するものです。得られた利益は分配金として投資家に還元されるほか、値上がりしたところで売れば、売却利益も得られます。

多くの投資信託が、毎月1万円ずつなどと積み立て購入も可能です。ドル・コスト平均法により、平均購入単価を低く押されることができます。

投資信託は、販売会社によって積み立て可能な投資信託の本数は異なり、同じ投資信託でも販売手数料が違う場合もあります。さらに、多いときには年率1%にもなる信託報酬が保有中ずっとかかるため、長期で保有するほど影響が大きくなります。

投資信託のおもな種類

日本株式型 日本株へ投資。成長重視のグロース型や割安重視のバリュー型など、種類はさまざま。
外国株式型 世界各国の株式に投資。運用される株式が先進国か新興国かでリスクの度合いが異なる。
国内債券型 国内債券へ投資。収益性は比較的見劣りするが、安全性は高い。MRFやMMFも含む。
外国債券型 外国の政府や政府機関、企業が発行する債券へ投資。投資先によってさまざまな種類がある。
国内リート Jリート(不動産投信)へ投資。組み入れ物件の種類や所在地などに応じ、リスクの度合いが異なる。
海外リート 海外リートへ投資。投資先の構成比率でリスクの度合いが異なる。Jリートを含むものもある。
グローバルバランス 世界の株式や債券、不動産など、さまざまな投資対象へ幅広く分散投資。それぞれ個性がある。
その他 コモディティ(貴金属や大豆・小麦などの商品)指数に連動するよう設計されたファンドなど。

銀行でできる積立投資信託の例

銀行名 積立可能本数 単位
三菱東京UFJ銀行 約80本 1万円以上1円単位
りそな銀行 約50本 1万円以上1,000円単位
三井住友銀行 約40本 1万円以上1,000円単位
みずほ銀行 約30本 1万円以上1,000円単位